活動報告

寄付物品贈呈式【むぎのこ児童発達支援センターさん】

hp_0

10月2日(月)むぎのこ児童発達支援センターさんにて絵本の贈呈式を行いました。

この絵本は、8月に行ったチャリティゴルフコンペで参加者の皆様からご寄付頂いた収益で子供たちへ贈る事が出来ています。

今年もFOREST、赤い羽根共同募金の成田さんと共に訪問させて頂き、広間には沢山の元気いっぱいな子供たちが集まってくれました。

子供達にはこの絵本をプレゼント出来た経緯や沢山の人の想いが詰まっている事を伝え、大切に扱ってもらえるようお願いをしました。

 

むぎのこさんからは感謝状と花束を頂き、今回贈った絵本の読み聞かせをして頂きました。

絵本の題材は「だるまさんが」で、だるまさんが”のびたり、縮んたり、おならをしたりする絵本になりますが、子供たちも一緒にのびたり、縮んだりと、だるまさんのマネを一緒になってしていました。

楽しそうな子供たちの姿を見ていると絵本を贈る事ができて本当に良かったなという気持ちになりました。

また、施設長の北川さんから子供たちに向けたのお話の中で、私達の活動と共通する部分がありとても嬉しく感じました。

「みなんも嫌だなって思う事だったり、辛いなって思うことって沢山あるよね。でもね、みんなのために何かしたいなって応援してくれている人が、知ってる人だけじゃなくて、こうして居るんだって事を忘れないでね。そして、皆も同じように困った人がいたたら手を差し伸べてあげることのできる素敵な大人になってね。」

 

この言葉は私達が活動を進めている循環支援の中の想いの1つであり、こうして素敵な施設の方達と出会えたことを本当に感謝しています。

 


 

 

そして最後は子供達と一緒に童謡の「どんぐりころころ」を歌い、元気いっぱいの素敵な贈呈式となりました。

 

子供たちの素敵な笑顔を見る事が出来たのも沢山の方の応援、ご支援のお蔭であり、心より感謝致します。

こうした活動が続けられるよう、これからも私たちに出来る事を一つずつ進めて参りたいと思います。

 


PAGE TOP